0
    ある日の・・・今度は明石!
    またとある暖かな日、友人のお買い物チョイスにおつきあいした後に
    明石海峡大橋を見に須磨方面へ。
    建築物好きの私としては橋も本当に大好き。
    特に明石海峡大橋は、美しい橋だと思います。夜のライトアップも素敵だし。
    夕暮れの時間も随分とゆっくりになってきました。
    ぼんやり海を眺めると癒されます。この日は暑くもなく、寒くもなく
    本当に心地よい気温で、良い風が吹いていました。


    せっかく明石まで足を延ばしたので、何か美味しい晩ご飯はないかな?
    10数年前によく行ってた、お寿司やさんは、数年前に思い立って電話したところ、
    呼び出すものの誰も出なくて・・・無くなっちゃったのかな?美味しかったな。
    と、思いつつ、再び電話をしてみることに。
    「お客様のお掛けになった電話番号は・・・」と、不通になっています。
    前回は諦めたものの、何故かその時、ふと携帯で検索を。
    「あった!あれ?電話番号・・・・びっくり
    私は自分の携帯に登録する際、番号内の6をひとつ余分に登録してました。
    「●●●−66●●●!!!冷や汗って!6ひとつ多いし!!!」
    かけてみると、そのお寿司やさんは無事に今も営業されており、
    すでに早い時間は満席。せっかくなので少し時間を潰すことにし、
    2回転目くらいの時間帯に予約を入れました。
    爆笑!のミスでしたが、ここに来て、再び訪れられるとは・・・
    きっと「ご縁」が戻ってきたのね〜と勝手に納得。

    到着後、お寿司なキモチに浮かれまくっている私は携帯&カメラの入った
    バックを車のトランクに置き忘れたままで入店。
    お寿司を写真に撮るところまでは「ご縁」がなかったモヨウ。
    しかし、10数年ぶりのお寿司、変わらぬ大将のソソる口上。
    お造りの盛り合わせのあぶらめの皮の煮こごりは本当にまろやかで美味しく、
    あぶらめのキモ、とっても甘い中トロや淡路の鱧や明石の蛸など、
    控えていたはずの日本酒(しかも明石の地酒)を飲んじゃうことに。
    (友人は勿論、お茶で。申し訳ありません・・・)
    コリコリの赤貝やスペシャリテのふっくらむし穴子、
    お隣の方の注文で匂いに負けて、トロの炙り(暴力的に素敵な香りが店中充満します)
    至福の時間を過ごさせて頂きました。
    辿り着いたが為に、余計に美味しさが沁みます。
    「きっと、番号間違いはこの美味しさの為ね♪」
    と、酔いに任せてどこまでもポジティヴに思うのでした。
    美味しかったです♪
    寿司 明石出島 明石の魚の棚の中にあります。
    明石駅前のベビーカステラやさんの半熟カステラも美味しかったです!
    (家でオーブンで表面を焼いて食べたら最高です)
    | おでかけ | 10:46 | - | - | - | ↑TOP
    0
      またある日の神戸
      おでかけ記事が多いため、遊んでばっかりに見えますが、
      ちゃんとお仕事も勿論しております(ホント!?)
      しかし、おでかけ記事を更にアップ致します♪

      ある日の神戸。日差しも暖かで気持の良い日だったので、
      ハーバーランドのホテル ラ・スイートのテラスでランチです。
      ロゼのスパークリングはドイツのもの。きりりと辛口で美味しかったです。
      (↑名前をど忘れしちゃいました・・・)
      軽い目にシーフードサラダを頂きました。
      テラスで海風に吹かれながらのランチ&ワインは心に効きます。


      神戸で用事を済ませ、バーニーズニューヨークをウロウロして、
      同じオリエンタルホテル内の雰囲気の素敵な半オープンカフェ 
      The Cafe Orientalへ行ってみました。
      落ち着いた雰囲気とオープン加減がとってもいい感じです。
      ポットサービスのジャスミンティーも美味しかったです。

      夜はホテルのレストランに行ってみたかったけど、生憎すぐにお席が空かずに、 The Bar J.W.Hartでアラカルトを頂きました。
      春巻きやシュウマイも有り、夜景を見ながら軽い晩ご飯も楽しめそうです。
      がっつりと晩ご飯という気分じゃないときに、重宝しそうです。


      神戸はやはり京都とはまったく違う雰囲気・文化を持つ街。
      やはり大好きな街です♪
      | おでかけ | 11:48 | - | - | - | ↑TOP
      0
        元町 新愛園さんで中華!
        京、静華さんの翌日、友人を送り出して自宅で用事を済ませたら神戸へ。
        なんと2日続けて中華のアポを入れてしまったのですが、
        どちらもまったく違う種類の中華。
        そしてどちらも、香港から帰って来た日でも食べたい。と思わせる凄腕中華です。

        せっかくの神戸なので、元町大丸のテラスでお茶を飲んだり、
        少しだけウィンドゥ・ショッピングを楽しんだら、元町の新愛園さんへ。
        この日はプティ・ムッシューのお客様Tご夫妻とご一緒させて頂きました。
        パワフル&底抜けに明るく、でもとても繊細な心をお持ちのMマダムと
        穏やかでいつも優しい瞳の愛妻家でいらっしゃるJムッシュのご夫妻は
        私の憧れのご夫婦ですが・・・
        「こういう見守って甘やかしてもらえる感じが理想なんですが・・・」
        という私のオファーは「無理」の一言で却下されてしまいました・・・悲しい

        カメラをバックから出していたにも関わらず、怒濤のように繰り広げられる
        爆笑トークに控えていたはずのお酒もどんどんどんどん進み
        (私あんなに紹興酒を飲んだのは初めてかもしれません)
        当然のことながら写真を撮る暇も隙も無く楽しい時間を過ごさせて頂きました。

        ミル貝のお刺身はコリコリの食感と香りがたまらない美味しさ。

        フカヒレのお刺身は濃厚な油分とこっくりコラーゲンの宝庫。

        いつも必ず食べたくなる牛肉のレタス包みは、ちょっとした甘味が美味しく。

        鯛のサラダ仕立てのお刺身は、ピーナッツとラッキョウが味のアクセントに。

        渡り蟹の春雨土鍋煮込みは春雨に移った蟹の香りがたまりません。

        お酢のもの好きのMマダムの好物は酢豚!とのことで、

        酢豚とスペアリブの甘酢がけは両方頂きました。どちらもお酢の加減もお味も違って、選べない美味しさです。

        仕上げにカラスミ入り炒飯で〆。この炒飯は〆の〆に金華ハムのスープをかけて雑炊風に頂きます。

        デザートは杏仁豆腐のマンゴーソースかけ。

        お腹はパンパンでしたが、楽しさに更にお酒を!ということで
        ホテル ラ・スイートのバー、グランブルーへ。
        シャンパンはギィ・シャルルマーニュを頂きました。
        更に帰りにお送りした先で、突然ご案内して頂いたのが!
        kamoshiya Kusumotoさん。
        以前から、他のお客様にもご評判を伺っていたので、行ってみたかったお店です!
        ここでやっとカメラの出番・・・・
        アンリ・ジロー・キュヴェ・フランソワ・エマール ブリュット・ロゼ

        バーの内装、マダムのサービス共に素敵なバーでした。
        特にグラスがとっても美しいです。是非また再訪させて頂きたいお店です!

        夜も更け、それでもなおかつパワフルなご夫妻に脱帽。
        そして楽しい時間を本当にありがとうございました!
        また絶対ご一緒させて頂きたいですラブ
        | おでかけ | 22:12 | - | - | - | ↑TOP
        0
          5月の京、静華さんへ
          東京から、久しぶりに京都来てくれた友人と共に
          京、静華さんへ行ってきました。
          私と同じく香港好きの友人に、以前より、京、静華さんのことを
          「香港の中環の匂いのする中華があるよ!」と話していたのでした。
          中環(セントラル)は香港ビジネスの中心地で、高くて近代的なビル群の現代的な雰囲気と、チャイナな感じが混ざったスタイリッシュな街なのです。
          私にとって、京、静華さんは、そんな雰囲気。
          スタイリッシュな店内と美しく美味しいお料理、キュートなシェフと素敵なマダム。

          女性3人でお洒落して集まり、個室でもう、ちょっとしたことすらおかしいみたいなハイ状態でスタートです。
          美しい前菜も、円卓だとまた素敵。


          お喋りに食べるのも忙しく、残念ながらお写真も一部しかないのですが・・・
          素晴らしく美味しかった鮎のフリット


          鮑のキモソースの炒めものは磯の香りです。
          大好きな中華パンも嬉しいし、ちいさなセイロが可愛い!


          3時間に渡り、食べ!飲み!しゃべり!楽しい時間はあっと言う間。
          最後はもうメロメロの杏仁豆腐を。みんながもうお腹いっぱい。なのに
          私がほとんど1人で平らげてしまいました・・・・


          シャンパンはテタンジェ。紹興酒も追加で。
          その後は更にコート・デ・ブランさんでグラスシャンパンを。
          本当に美味しく、素敵で完璧な夜でした。
          結局、その夜は家に帰ってからもまだまだお喋りは続き〜
          知らぬ間に眠っていましたが、最後に時計を見たのは午前4時前。
          翌日、友人は仕事で9時半頃旅立ってゆきました!
          みんないい大人なのにショックでもとっても楽しかったです!!

          | おでかけ | 09:32 | - | - | - | ↑TOP
          0
            美味しいもつ鍋ナイト
            神戸から泊まりに来た友人を交え、女性3人でもつ鍋を囲みました!
            予約したソファ席は思ったより凄く個室で、安心してバカ話。
            脳みそが揺れそうな位、女友達とにぎやかに笑ったら、ストレスフリーです!
            いつも京都で集まるメンバーで、今回のお店は先斗町のもつ鍋やさん
            亀八別館さんです。
            乾杯をしたら、ちょこちょことしたおつまみをつまみながら・・・・

            白エビの甘酢漬け 甘酸っぱさの程よい感じ。


            先にシャンパンを飲んでから待ち合わせに臨んだ私と友人はちょっとテンション高め。
            女が3人も寄ると、文殊の知恵ところか・・・・「かしましい」ですモゴモゴ
            おつまみの時点ですでにお酒進んでしまいます。メインの頃には若干お腹も膨れ気味・・・(いつものことですが・・・)

            でも、コラーゲンたっぷりのもつ鍋は食べられます!
            ここは白味噌味があり、ほっこり、しかしきっちり濃味で美味しいです。
            野菜もたっぷり。明日はツルツルなるかなー!等と言いながら。


            一口づつ食べるデザートも女子会ならではのお楽しみ。


            神戸の友人が手作りのリングをプレゼントしてくれました。
            カレッジリングみたいイヒヒ


            この日はベタナイトの予定だったので、この後はカラオケに!
            熱唱の後は喉が渇いて(しかも私は風邪治りたてで喉がガラガラ)
            ワイングロッサリーさんへシャンパンを頂きに。
            この日はガティノワ。
            何となく身体に良さ気な美味しいものを頂き、騒いで熱唱して燃焼して
            最後はシャンパンでクールダウン。大人(?)の夜は更けて行くのでした。

            明くる日は起き抜けからお腹を空かせて元気な友人の為に
            ポテトのラザニア風を作りました。

            朝から結構な濃ゆさの物をバクバク食べながら、ブランチ!とか言いつつ
            あ。ちょこっと写ってしまってますね・・・シャンパンが・・・

            パワフルな友人達と、パワフルナイト&デイなのでした。
            でも、とっても元気になります!!
            | おでかけ | 00:22 | - | - | - | ↑TOP
            0
              華やかな夜
              さくさくアップしないと、どんどん後がつかえてきました(>_<)
              普段はなかなか機会がないので、パーティーにお呼ばれしてきました!
              店内はピンクのバラと甘いバラの香りでいっぱいです。
              華道家の方のパフォーマンスがあったり


              沢山のピンクのバラに囲まれる機会もなかなか無いものです。
              香りにうっとりします。


              バラの香りのマカロンやロゼシャンパーニュ、なんとペリエにはフリーズのバラが浮かべてありました♪
              さすがの演出。やはり素敵でした。迫力のマダームも大勢いらっしゃってました。


              パーティーが終わったら、晩ご飯です。せっかく大阪まで遠征したので
              何か美味しいものが食べたいな♪ということで

              やはりお寿司です。
              カウンターの陶板はお隣の方と柄違いで素敵なのです。
              始めにお造りを頂きます。やはり日本酒で拍手
              (>_<)(ホントは少し減酒中なのですが)

              お任せで少しづつ美味しいものを出して頂きます。
              どれもすっごく美味しい!!(それこそフラ〜とする位)のですが
              特にコレ!!塩水に鮑が沈めてあります。美味しかった〜


              勿論呑み進めるごとに、カメラを放り出してお料理に夢中です。
              活きたホタルイカを軽くボイルで頂いたり、
              お刺身も、芽ネギを巻いた物とナチュラルにそのままだったり、
              二つの味で食べさせて頂けます。
              ひとくちひとくちが、繊細でドキドキします。

              大将はキリリとした男前です。包丁さばきがとっても華麗です。


              帰宅し、眠る前にお土産に頂いたキャンドルを付けてみたら、
              とってもいい香りでした。


              何だかとっても華やかなキモチになりました。
              | おでかけ | 07:43 | - | - | - | ↑TOP
              0
                ほっとする食事
                疲れたとき、体調のすぐれない時、勿論元気なときもですが!
                行きたくなるお店があります。
                ちょっと風邪をひいて寝込んだ後や、疲れた身体に元気を入れたいとき
                心が安まって食べたくなるもの・・・それはお寿司です♪

                桂のお寿司やさん喜久寿司さんは我が家にとってそういうお店です。
                この日は、元気が無かった訳ではなく、普通にお寿司を頂きに上がりました。
                ちょっと前の写真がバレバレなほたるいか

                酢味噌のバランスとか本当に好きです。

                必ず「酢のものドンブリで!」と注文するお酢のもの

                私はこちらの三杯酢ラバーなので、購入して家でも常備しているのですが、甘さとすっぱさのバランスが凄く好きなのです。
                家では茗荷とキュウリだけ〜とかでも美味しく頂けます。冬は蟹にも!
                おろし生姜を混ぜたら、飲めそうなくらい好きかもしれません。

                勿論お寿司も頂きます。がしかし、大将の暖かなお人柄と、奥様のキュートなユニークさ(この日の話題はジャニーズでした)
                で、食べ勧めるうちに結局写真を取り損なう訳です
                (↑単なる忘れん坊ではありません。多分)
                体調のすぐれないときこそ、食べたい!元気になりたくて通う。
                そんな暖かな雰囲気がこのお店にはあります。
                そして勿論いつも美味しい。ふわとろの穴子も絶品ですよ。

                最後は茶碗蒸しでお腹を温めて。いつも元気をありがとうございます。
                | おでかけ | 00:17 | - | - | - | ↑TOP
                0
                  4月末日のKezakoさん
                  4月末日に、友人と共に久しぶりのKezakoさんディナーへ。
                  最近大原の朝市にも行かないので、シェフのステファンさんにもご無沙汰のご挨拶です。
                  シャンパンはせっかくなので(何か?)ポメリーのロゼを。
                  ピンク色の泡は見てるだけでうっとり・・・なのです。

                  サーモンの薫製は香り高く、温泉卵との相性抜群。いつもながらお皿の上が美しすぎます。ラズベリーのソースにきゅぅーんとなり、
                  カリカリのこれまた美しいガラスみだいなサーモンの皮まで美味しいです。


                  むちむちした五穀米のパンはたまらなく美味しいけど、食べ過ぎちゃうので要注意で。好物なので写真を取り損なったスペシャリテのフォアグラの奈良漬巻は、もう本当に美味しいです(>_<)

                  ホワイトアスパラのスープはバジル風味。上のホタルイカが風味豊かです


                  白身のお魚(←お察しの通り何のお魚か聞いてませんでした)
                  のポワレはスープ仕立て。春野菜の滋味に癒される優しい味です。


                  フィレ肉のマンゴーソース!!私は個人的にもフルーツのソースと食材を合わせるのが大好きなので、とっても好みです!
                  香ばしいお肉と甘酸っぱいソースが美味しい。付け合わせのお野菜が美味しいレストランさんは、美味しいお店なのだ!とフランス人も言ってました。


                  赤ワインソースで煮込んだお肉も、最後の最後まで!シャンパン飲め!
                  もっと飲め!といった美味しさです。


                  もう、デザートの頃にはすっかりいい感じに酔いも回り、
                  美味しさを楽しむだけで精一杯。写真もカメラも忘れっぱなしでした。
                  デセールの苺のタルトも抜群に美味しく、赤味噌のアイスクリームは
                  なんとなく塩キャラメルを彷彿とさせるような・・・甘くてしょっぱくていい香り。シェフのステファンさんに、ブルターニュのお勧めレストラン教えて頂きながら、最後の最後まで、楽しいディナーを頂きました。

                  帰りはよねむらさんのバー東山へ。
                  初めて伺ったので、回りをぐるぐるぐると回り道し、たどり着きました。
                  大人の空間のバーはとっても素敵で、
                  グラスシャンパーニュはヴーヴクリコ・イエローラベルで。

                  楽しく、食いしんぼうで、呑んべいな夜は更けて行くのでした。







                  | おでかけ | 15:17 | - | - | - | ↑TOP
                  0
                    今年の桜
                    やっと冬物のお布団をしまえる感じですが、
                    今年は本当に、急に暖かくなったり、いつまでも寒かったりですね。
                    その分、長い期間桜が咲いているのを見ることができましたが、
                    私自身もちょっと長めの風邪をひいてしまったり、
                    周囲の方々でも、風邪をひかれた方が多かったように思います。
                    これから梅雨シーズン!
                    じめじめに負けないように体調管理お気を付け下さい!

                    またまた今頃ではありますが、先月のお花見を!
                    あいにくの雨で、寒空でしたが、うっすらと霧のかかった吉野山もまた、
                    幻想的で綺麗でした。


                    いつもはお花見中に宝の家という旅館にお風呂だけ入りに行くのですが、
                    初めて葛御膳を予約してみました!ボリュームたっぷりで
                    午前中からビールという贅沢!
                    ここの露天風呂(女湯)から見る吉野山が最高!なのです。


                    長距離の散歩の後は葛湯で身体を温めます


                    初めてケーブルカーにも乗りました!桜のトンネルを抜けてゆきます。
                    往復600円のお楽しみです。


                    歩き疲れた帰りは、おやつに甘い物で!八十吉
                    嘉永四年創業の葛切りやさんです。なめらかつるんで美味しかった!


                    そろそろお土産に買ってきた葛切りを茹でて食べようかな♪
                    私のお気に入りの黒蜜(京都北尾)のもので、家での常備品!
                    これかけるともっともっと更に美味しくなっちゃいます(>▼<)」
                    | おでかけ | 11:36 | - | - | - | ↑TOP
                    0
                      振り返る春!?その2(今頃!?)
                      結局、カメラは壊れてしまい、写真をPC取り込むことができなくなったりで、今頃!春の思い出。みたいなことになっております・・・・
                      新しいカメラも購入し、次々と写真だけは撮っていますので、
                      次々さくさくと更新したいと思いマス♪

                      3月某日。実は閉店直前に、ヴーヴクリコの輸入元である
                      MHDさんのご招待で、改装後間もないHANA吉兆さんへ
                      テイスティング・ランチへ。
                      ヴーヴ・クリコをお取り扱いの飲食店の方々、MHDの方、
                      ヴーヴ・クリコの醸造家のムッシュ・シリルとご一緒させて頂きました。
                      イエローラベル、ローズラベル、ホワイトラベルの3種類。
                      お料理と共に3種のシャンパーニュを飲み比べられるチャンス!

                      美しい八寸。器も素敵。


                      お造りは寿司飯が付いていて、自分でお好みでお寿司にできます。
                      面白いし楽しい!カンパチにつぶ貝とまぐろ。


                      綺麗なグリーンはスープはえんどう豆のスープ


                      鮎は頭からかぶりつく!


                      まだまだ出たのですが、お話しとシャンパーニュの美味しさに
                      カメラを放り出しておりました(>_<)
                      飲食店の諸先輩方、色々なお話しをさせて頂き、
                      吉兆の徳岡さんもお席にいらして面白話を聞かせて頂きました。
                      とっても気さくで酒豪(らしい)素敵な方でした。

                      メニューや資料も大好きなヴーヴ・イエローです

                      始めにご挨拶をさせて頂いた時、通訳の方からプティ・ムッシューのカラーや私のヴーヴ・フリークぶりの説明を聞かれたムッシュ・シリルから、
                      「ではあなたの血は3分の1位、ヴーヴ・クリコが流れているかもしれませんね」となんともフランス人らしいウィットに富んだコメントを頂き、
                      ベタな日本人の私は「ナオミ・・・!?」と心の中でつぶやいたのでした。

                      大好きなヴーヴ・クリコを楽しみ、色々なシャンパーニュに関するお話しを伺い、この後はウエスティン都で行われたセミナーへ、
                      これまたヴーヴ・フリークであられる天ぷらの「京星」さんとご一緒させて頂きました。次回、ランスのヴーヴ・クリコのカーヴに行く時には
                      ちょっぴり知識の増えた私が、また違った見学を出来そうです!
                      お勉強と美味しいお酒とお食事。学生時代には奇跡に思えたコラボです♪
                      | おでかけ | 21:53 | - | - | - | ↑TOP
                      CALENDAR
                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << September 2018 >>
                      RECOMMEND
                      Laduree
                      Laduree (JUGEMレビュー »)
                      Serge Gliezes,Mathieu Garcon
                      マカロンで有名なパリのケーキ屋さんLadureeのオリジナル本。
                      見ているだけで幸せになるような甘いスイーツが満載です。Petit monsieuのレストルームはこの世界をイメージして作られています♪
                      SELECTED ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      RECENT COMMENT
                      モバイル
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE