0
    無事終了!
    荷物の重さの超過でちょっぴりトラブったり、
    飛行機の出発がほんの少し遅れたり、
    といった位の小ハプニングで、無事成田まで帰ってきました。
    今から伊丹へ向かって乗り継ぎです。
    帰りは成田に迷うこともなく・・・

    まだアップしていない、特別なディナーの写真など、後日アップします!



    | 旅行記 | 17:27 | - | - | - | ↑TOP
    0
      メゾン・エ・オブジェ
      今回の目的のひとつ、それはパリでは行われるメゾン・エ・オブジェという展示会です。


      毎日遊んでるように見えるでしょうが、お仕事お仕事♪( ´θ`)ノ


      が、ドジ&パリの洗礼的ハプニングが!
      展示会場はドゴール空港の近く。アクセスはRERのB線ですが、これに乗るのに、北駅に行きました。
      まず、自販機でチケット購入中に、隣からエクスキューズミー!と、やいやい声をかけられました。
      これはよくネットでも注意書きがあったのですが、油断して横向いたりした隙に、カードやお財布をすられてしまうそうです。一切動じない顔で、ノー!ソーリー!とやり過ごしました。
      若者が去ったら、次はおじさんです( ̄◇ ̄;)
      松葉杖のおじさんが前で急にガターーんっ!!と派手に転びました。
      あまりに転び方派手だったもので、
      思わず、人でなしと思われてもいいー!!と、引いてしまいました・・・
      すると、おじさん、起き上がってスタスタと歩いてゆきました。
      またスリ!?f^_^;)
      言葉や常識が違う分、気をつけても居たいし、失礼にならにように旅をしたい。と思いつつも、ハプニングにはかかわらないようにするしか防衛方法がありません。改めて考えさせられた事件でした。
      更にはこの二つで動揺してしまったのでしょう。展示会場への特急に乗らずに、うっかり各駅停車に乗ってしまったマヌケっぷり。隣の隣の人が、ずーーーーーーーーーっとこっちをガン見してるのが、ちょっと怖かったな・・・頭が痛くなる程、眉間にしわを寄せて、怖い感じで乗ってました。
      もうこのあたりで精神的にはかなりの消耗です・・・・

      1日めいいっぱい歩いて、歩いて、歩いて、興奮して、頭もパンパン。
      しかし物凄い勢いで脳が動いているのが分かるようでした。
      素晴らしい物を見て、触れて、記憶して、また次の何か良いものを生み出してゆきたいです。
      凄くツボなブースも発見!


      あまりの好きっぷりオーラ&興奮に、ブースの方がハガキやカタログやポスターをくれました。言葉は通じないけど、お互いニコニコしちゃいました。
      嬉しかった。どうもありがとう!

      途中で倒れこむように会場内のカフェでハムとバゲットのサンドを貪り、大きなカップで頼んだショコラショー(ココア)にばっさばさお砂糖を入れていたら、お店のおやじさんがちょっとビビってました。
      だってほら。手っ取り早く血糖値をあげようと思っていたのです。

      休憩後も興奮状態で歩く歩く歩く。




      しかしふと注意されたら、写真はダメらしい。
      え!そうなん!?早く教えてよ〜(^_^;)
      いっぱい撮ってしまいました・・・
      ゴメンなさい。





      たくさんの刺激を頂きました。
      もっともっと頑張らないと!

      | 旅行記 | 06:45 | - | - | - | ↑TOP
      0
        探検!ヴァンドーム!
        大好きな場所ながらいつもは、ショウウィンドウを外から眺めながら、ぐるりと散歩するだけ。敷居の高さに、憧れと、びびっちゃって無理!といった感じ。
        着物でウロウロしてみたかったので、
        思い切って、小さな小物を見に入ってみました。
        前回のParisの時に改装工事中で、大阪の方にも内装の素晴らしさを聞いていたので、見てみたかったのです。
        天井高ーい


        お願いして、写真を撮らせて貰いました。
        美しい階段


        二階も何とも素敵な空間です。






        張り詰めていた気持ちも、内装の美しさにうっとりでした。
        最後にカッコいいマダムがポーズ!


        この日は生憎の雨だったので、
        お向かいのリッツホテルで雨宿り&お茶を。

        ヴァルベーヌのハーブティーがとってもホッとしました。
        ついてたプティフールもとっても美味しかった!優雅にピアノの演奏を聞きつつ・・・非日常な午後です。





        | 旅行記 | 06:27 | - | - | - | ↑TOP
        0
          着物ランチ
          Pierre Gagnaireにランチに行ってきました。
          せっかく荷物が増えるも辞さずに着物を持って来ているので、どんどん着ます!なんやったら雨ですけど(>人<;)

          もう入った直後から素敵です。
          緊張しつつ・・・・


          12時半でもランチにはちょっと早いみたいです。

          シャンパーニュは
          JEAN PIERRE BRIGANDAT "DENTELLES & CRINOLINES" BRUTです。

          少しでも好みを伝えられるように、来る前に教えてもらって来た、
          「そんせぱ・じゅぷらんど ぴののふぁ」
          (ピノノワールに富んだものがいいです!って感じ?)
          ※ゴメンなさいKさま、私だいぶ端折ってますね。

          こちらのシステムが変わっていて、
          シャンパーニュにもキャラフェがあります。1本飲めない時はグラスシャンパーニュよりずっとお得で良心的?

          ここからはキューーーんな料理の嵐です。








































          もうデセールを合わせると、ゆうに30種類位の一口サイズが出ました。
          正直全部覚えきれず・・・
          でも、何ひとつ取っても、これは別にいいや。というお皿のない完璧さ。
          美しく、繊細で、ちょっと発想に富んでて、サプライズで、しかもちゃんと美味。
          私の1番好きなタイプのお料理でした!!楽しかった ♪(≧∇≦)♪
          | 旅行記 | 22:24 | - | - | - | ↑TOP
          0
            王妃の館気分?
            先日のランチの後も更にワインを飲みに行ったり、と、お酒の切れない楽しい夜を過ごしました。
            また別の夜は私の憧れホテル
            Pavillon de la Reine (パヴィヨン・ド・ラ・レーヌ)にほど近い
            Ma Bourgogne(マ・ブルゴーニュ)です。
            ここは、大好きな浅田次郎さんの1番好きな小説、王妃の館に出てくるレストランです。
            勿論実話ではないのでしょうが、もう気分は王妃の館にどっぷり(泊まってないけど)
            いつか泊まりたいホテルのひとつです。
            頑張って仕事しよーーー!♪( ´θ`)ノ
            寒いけど、テラス席は雰囲気満点。逆に物凄くストーブが効いてて、後頭部が熱くなって、日焼けするかと思いました・・・

            1杯目のシャンパーニュはLanson。
            次はボトルにしたらLOUIS ROEDERERが出てきました!
            ビストロって感じでとっても素敵。


            ついでにお手洗いの蛇口がこんな!


            めっちゃ家に欲しいです・・・
            まだまだ夜は続きます!
            次は2件目でフォワグラ&生牡蠣!


            楽しい夜でした!!!
            でも飲み過ぎかも。
            )
            | 旅行記 | 18:41 | - | - | - | ↑TOP
            0
              楽しいランチ
              ちょうどパリの日程が重なったので、京都のワインバーのオーナーHさんと、passage53(パッサージュ53)へランチに行ってきました!
              アストランスというお店から独立された日本人シェフのお店だそうです。


              やはり日本語が通じるって正直楽だったりします(^_-)
              まずはシャンパーニュで乾杯!


              勿論同行のプロにセレクトお任せで、美味しいシャンパーニュをボトルで!
              あれ?Hさん、これなんだったっけー???
              お皿はシャガール。
              これオペラ座のショップで見て欲しかったやつだー。


              お料理は少しづつ、10種類のコースです。
              旬のトリュフの香りを嗅がせてくれるプレゼンテーションに、うっとりトリュフ追加で!
              ちょっと和風だしテイストのラビオリのスープ。
              あーでも癒されますー。


              タラのふんわりしたクリームにキャビアかと思ったら、タラの卵の燻製とのこと。
              クリームのこっくりした味わいに、プチプチのしょっぱさが合うのです。
              思わず顔を見合わせて、ナニコレ!美味しっ!と叫んだ瞬間。


              小さな美しいお皿が続く喜びです。
              次はカリフラワーのクリームの上に薄切りを。白にこだわったお皿。
              やはりこの野菜のカリカリ具合だけは、絶対日本人感覚が好きです。


              季節柄、ホタテが多いかも。
              クレソンのソースが爽やかです。
              勿論美味しいです。
              でもちょっぴりだけシャンプノワーズ優勢か!


              まだまだ続きます。
              お魚も爽やかなソースで。


              玉ねぎの層の間にチョリソーを挟んであるのです!そしてじっくり焼いてあるので、玉ねぎの甘味、チョリソー香ばしい香りと塩が絶妙。
              これ本気で美味しいです!!


              スペシャリテのトリュフがどっさり乗ってやってきました!
              中味はイカと卵黄のソース。
              これはもうトリュフの香りの1人勝ちです。
              卵とトリュフは本当に合うなー。
              の巻。


              このあたりでもうお腹がはち切れそうです・・・でもやっぱり鴨は美味しかったです。


              デセールは別腹で頂きます!
              ショコラのタルトや、オレンジ風味のムース、優しくてフルーティーな味でした。


              本当に本当にはちきれそうになりながら、初めてのランチをいきなりパリでご一緒し、もう笑まくって、食べまくって、飲みまくった楽しいランチでした。




              | 旅行記 | 17:30 | - | - | - | ↑TOP
              0
                休憩中
                仕事や遊びの間に、まったりとお部屋で過ごす時間を大切に思えるようになってきました。歳のせい?(T ^ T)
                早めにホテルで、胃の休まる食事をして、ゆっくりお風呂に入ったら
                ベッドでゴロゴロモードです。


                !!!!と言いつつも、このオイルサーディン美味し!
                ボルディエバターのオイルサーディンなのでした♪( ´θ`)ノくひー



                | 旅行記 | 09:33 | - | - | - | ↑TOP
                0
                  見学!ルイナール!
                  今回はRuinartを見学させていただける事に。タクシーで途中で見えたポメリーも、シャトーみたいで凄かったなー。ヴィジットレセプションいう女性がご案内くださいました。
                  マダムイザベラに、私はフランス語も英語も話すことができないこと 。できるだけ簡単な単語でよろしくお願いします。と伝え、地下へおりてゆきます。


                  オートメーション化された部分もあり、ガラス越しに見学を。
                  ルイナール手作業で行われる部分と機械化の両方なようです。


                  地下1階〜地下2階へーと、40m以上の地下へ。インディジョーンズ?とつぶやくと、イエス!アドベンチャーのアトラクションみたいでしょ!とお茶目なマダムでした。






                  こんなにいっぱい、マグナムボトルが家にあったら素敵よね!とマダム。
                  勿論!でも家潰れちゃうわ・・・
                  と、真剣な顔して、マダムは本当にお茶目さんです。


                  地下から戻ったらお楽しみのティスティングを。




                  ブラン・ド・ブランからスタートして、2002年の ドン・ルイナールを。
                  マダムイザベラが、やっぱりこっちも試して!と、ロゼも頂きました。

                  並べると本当にその香り、味の違い、色、と、それぞれの香りが余計に際立って感じます。スゴイなー。

                  この香水合ったら付けるよね!
                  って言ったら、ありました〜


                  商品化されてないのですが、香のティスティングボックスです。
                  ここで香水売ってたらうっかり買っちゃったかも...

                  英語で案内してくださってる中、途中私が集中力を欠き段々必死で聞き取るのにつかれてくると、すぐ察知してくれ、ちょっと鼻歌歌ったり、ほらほら!エコーよ!♪( ´θ`)ノと休憩させてくれたマダムイザベラ。貴重な体験を本当にありがとうございました。

                  メルシィ オヴァー ルイナール!
                  また来ます!!








                  | 旅行記 | 07:26 | - | - | - | ↑TOP
                  0
                    エレガントディナー
                    予約時間まで夕暮れを見たり、うっかり買ったサーベルを眺めてニヤニヤしたりしつつ、可愛い部屋は、部屋時間すら、楽しめます。空間ってスゴイなぁ。
                    そろそろ支度を。かねてよりフランス旅行で是非やってみたかったことがある!
                    大人っぽいウェイティングバーに案内して貰います。


                    夢だったのよ!着物でフランス♪( ´θ`)ノ


                    アペリティフは、そのドレスに合わせて。(着物じゃよ)と、ルイナールロゼを。可愛いアミューズの塩加減が抜群です。


                    堪能してレストランへ移動し、バカラのシャンデリアのお部屋へ。

                    ちょっと緊張しつつ、 でも段々と楽しくなって来ます。バターはボルディエ。ずっとシャンパン飲みたいって言ったら、ニコニコと前に置かれたシャンパンざっくざっくのクーラー。


                    シャンパンはもうプロにお任せして、ずっとグラスで!
                    ジャガイモのヴルーテにサーモンがちょこん。泡のソースが美味しい!


                    人生発の感動ホタテかも。私はそんなに自分で注文しないのですが、火の加減とレア度の甘みが最高です。水玉になったソースがちょっぴりスパイシーな苦味と辛み。
                    魚介のギュッとしたソースとあいまってセテ・デリシュー!と言っておきます!


                    なめらかなラヴィオリ 中身はお野菜。
                    何となく春菊っぽい香り。クリーミー!


                    スズキのポワレです。表面がアレ?ってくらいクリスピーで香ばしく、でも中にはなめらかです。
                    シェフのお料理は色々なめらか。
                    凄くステキ。


                    しかしこのあたりでもうお腹パンパン。ホテル内だから、帯もサボってゆるゆるにしてたのにー。
                    担当のニールさんが、察知したのか、休憩しない?厨房へ行こう!と誘ってくれました。


                    スゴイ!★★レストランの厨房へ潜入!やはり清潔で整っています。
                    無駄な物が一切置かれていません。
                    彼女はyukiだよー。と紹介してくれたので、yukiyuki連発されました・・・
                    言いやすいんかい( ̄◇ ̄;)
                    みんな若くて頑張っています。


                    ほんとだ!興奮したらお肉食べれるかも!お肉は豚肉でしたがなんとも野生的な香りしっとりなめらかなお肉。
                    ソースの甘味酸味がキューンときました。


                    デセールの前にこれ食べてみ!
                    とスプーンで出されたのは、
                    表面はすっぱく、中はなめらかなクリーム。
                    こっくり飲み込んだら溶けた!!


                    プティフールがいっぱい!きゃーー
                    チョコもマカロンもシューもカヌレもギモーヴもキャラメルもロリポップも!食べたいけど無理ー!


                    デセールはキャラメリゼした林檎のケーキ


                    私の想像はタルトタタン的な感じだtらのですが、さすが。
                    青りんごのクリームをクッキー生地と一緒に青りんご味のキャンディーで巻いて?ある感じ。
                    カリカリ、トロリ、さくさく、甘酸っぱい爽やかさです。美味しいー。

                    もうほんとに満腹です。とお部屋に帰ることにすると、ニールが二つのフクロを。さっきのプティフールと、後でお腹空いたら食べな!と、ブリオッシュを。嬉しかったー。
                    さすがに夜中は食べなかったけど、朝齧ってみたら、さすがのバター!この旅ではおかげでブリオッシュ好きになりそうな予感です。
                    素敵なディナー、時間、本当にありがとうございました!








                    | 旅行記 | 06:43 | - | - | - | ↑TOP
                    0
                      愛しのシャンパーニュ
                      パリさることながら、大・大・大っ好きなシャンパーニュ地方、ランスです。
                      今回は初めてのホテル、L'Assiette Champenoise(ラシエット・シャンプノワーズ)に宿泊です。
                      ランス駅からタクシーに乗り、見えた建物にテンションMAX! 喜び過ぎて、外観の写真を撮り忘れた(>人<;)
                      お部屋も可愛いので、インテリアの参考になりそうです。




                      サロンがめちゃめちゃ可愛いーー


                      談話室かな?


                      雰囲気のある廊下を進むと・・・


                      プールです!やっぱり水着入れとけば良かった!


                      細部に渡って、研ぎ澄まされた感性を感じます


                      荷物をほどいたら、フランスいち大好きなランスの大聖堂へ!


                      パリのオペラ座に続き、一番好きな大聖堂です。
                      中に居ると、なんだか居心地の良いなんとも言えない匂いがします。
                      不思議なことに、あちこちの大聖堂も教会も、匂いがあります。
                      残念ながら、長居の出来ない匂いというのも存在します。
                      いつ見ても感動の天井のアール。
                      何故こんなにも惹きつけられるのかなー?


                      シャガールのステンドグラス
                      やばい・・・もう泣きそうです(T ^ T)


                      大聖堂を堪能し、近隣のワインショップで、おやじさんのオススメシャンパーニュをチョイスです。やっぱりパリより豊富なうえ、安いー。
                      おやじさんのオススメは白熱し、もう持てないよ!日本どころかパリに持って帰れない!というより、ホテルに帰れない( ̄◇ ̄;)
                      タクシーを呼んでもらい、帰路を確保したらうっかりサーベルを買ってしまいました・・・
                      おやじさん、めちゃめちゃに値切ってゴメンなさい(≧∇≦)
                      興奮と荷物の多さに、写真はナシで、待望の★★ディナーに向けてお部屋で休憩です。着替えもあるし!











                      | 旅行記 | 22:10 | - | - | - | ↑TOP
                      CALENDAR
                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << December 2018 >>
                      RECOMMEND
                      Laduree
                      Laduree (JUGEMレビュー »)
                      Serge Gliezes,Mathieu Garcon
                      マカロンで有名なパリのケーキ屋さんLadureeのオリジナル本。
                      見ているだけで幸せになるような甘いスイーツが満載です。Petit monsieuのレストルームはこの世界をイメージして作られています♪
                      SELECTED ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      RECENT COMMENT
                      モバイル
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE