<< 香港食べ歩きの旅 その5 | main | 中華好き >>
0
    香港食べ歩きの旅 その6(おしまい)
    結構前に書いたのに、下書きフォルダに放置のこの記事…(T ^ T)

    さてさて香港、本当の最終日、さすがの夜中のチャーハンが効いて、
    朝は食べれず、ハーブティーを飲んでみたりとか( ̄ー ̄)

    オープンと同時にスーパーへ駆け込み、最終日恒例の冷蔵品をお買い物。事前にチェックしてあったバターと、お気に入りなのに日本に入ってないヨープレイトのヨーグルトを大人買い…
    (レジのおばちゃんが引くくらい)

    今回はこのシティスーパー(香港の大型チェーン)で保冷バッグを買うつもりだったので
    (1000円くらいでデザインも機能もなかなかの保冷バッグが買えます!普段も使えるので便利でオススメ!)
    油断して保冷剤を忘れたので、保冷剤の代わりに冷凍の中華蒸しパンを一緒に買いました。
    これが台湾の飛牛牧場というメーカーの牛乳入り中華蒸しパンだったのですが、超大当たりの美味しさ。
    次回私は恐ろしい大人買いをしてしまいそうな予感。
    子供の頃からの中華蒸しパンラバーの私の、NO1に輝いたのでした!

    荷造りとチェックアウトを済ませたら、ホテルの車に送って貰って、香港駅へ。
    ここで先に飛行機の搭乗手続きを済ませ、荷物を預けて身軽になったら、直結の地下鉄で再び九龍のリッツカールトンへ!
    ここで注意は、モールを通るとは言え、意外とホテル、遠いです!(T ^ T)
    私は帰り道なので、スーツケースも持って無いし、お洒落ヒールも履いてなくて良かった!

    実は先日、Yさんと食べたディナーが美味しかったので、ダメもとでマッサージ中に予約をお願いしたら、11:30の予約がサクっと取れたのでした(≧∇≦)

    ラストのお楽しみは勿論シャンパーニュとランチ!
    夜景もいいけど、昼間の方が高さが際立って絶景カモ。


    何しろ1人ランチは、頼める品数が限られる上、どうしても食べたかった、特製BBQポーク(蜜汁焼豚)
    一皿は絶対多いから、他のと盛り合わせて!と、一生懸命説明してくれるサービスのスタッフさんと、しまいにはiPadで漢字で筆談。香港は漢字で通じるから意外と筆談、便利です。
    いいの!どうしてもここの店のBBQポークいっぱい食べたいの!
    ってゆうか、他のローストでお腹膨らましたくないんだってば!
    残してもいいから、足りないのは嫌なの!
    (と、まぁ、ここまで喧嘩越しではありませんが、こちらも必死)
    しかし、天下のサービスを誇るリッツのスタッフさんも譲らない!(◎_◎;)
    どうしても、残さない量を(1人だし)色々と(1人だし)楽しんで貰いたい様子。
    やり取りの末、残したのを包んで持たせてくれるというオカン方式で解決。
    これがそのオオゴトの焼豚です。


    さすがの!美味しかったーーー!!!!(ちなみに一切れが4cm強。確かに多いよね!)

    明太子のせエビ餃子はプリプリ。
    エビの風味と明太子が合います。


    スープの大きなワンタンを割ると、フカヒレ。
    ディナーでも思ったけど、ここのスープの味が凄く気に入りました。


    XO醤を試してみたかったので、スタッフさんのオススメは大根餠。香ばしくて美味!どこからこの深い味が出てるのだ…?


    春巻きは撮り忘れましたが、サクサク、中身は濃厚で美味しかったー!
    エッグタルトと、マンゴープリンを食べて…


    サービスに出してくれた少菓子(ジャスミンゼリーとカボチャ餅)もうっかり平らげて…(。-_-。)
    お腹パンパン!大満足のランチでした!

    最後に持ち帰りにいささか不安の残ったので、飛行機のチェックインが終わってるので、手荷物であること、飛行機持ち込みは液状(ソースも)の物は100ml以下しか持ち入れないこと、などを説明すると、
    焼豚と一緒に、こうすれば大丈夫!と、大きめタッパーに底から3センチ分のチリソースもタッパーに詰めてくれ、クルミの飴がけも持たせて貰って(タッパー3段重ねのオカンな感じで)
    ホントに大丈夫かなぁ…とか思いながら、でも、とっても親切にして貰って、本当にありがとうと伝えつつ空港へ。

    空港で不審物として取り上げられたり、これはなんだ!とか質問されることもなく意外とスルー。
    手荷物検査の機械を通す際に紙袋を横にされたので、ちょっぴりチリソースの油分が染み出て怖い事に!(◎_◎;)
    横にしちゃダメ!ソースが漏れちゃう!とも言えないし……
    次回はジップロック持参で!

    空港ラウンジで、食べ過ぎで舌がチクチクするなぁ…とか反省しながらのシャンパーニュを楽しみ、帰りは飛行機で爆睡して無事帰国となりました。

    翌日は、持ち帰った蒸しパンに焼豚を挟んでセイロで蒸して、チリソースを付けてたべました。激ウマ!
    もう1日余分に香港気分満喫。

    食べまくり(過ぎ)飲みまくり(過ぎ)の4日間。
    やっぱり大好きな香港。
    今回も楽しい時間をいっぱいありがとう!多謝!再見!

    | 旅行記 | 21:05 | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>
    RECOMMEND
    Laduree
    Laduree (JUGEMレビュー »)
    Serge Gliezes,Mathieu Garcon
    マカロンで有名なパリのケーキ屋さんLadureeのオリジナル本。
    見ているだけで幸せになるような甘いスイーツが満載です。Petit monsieuのレストルームはこの世界をイメージして作られています♪
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE