<< 2010フランス旅行記−5 | main | 2010フランス旅行記−6 >>
0
    夏の京、静華さん
    6月に夏の食器のコーディネイトをさせて頂いた京、静華さんに
    夏のお料理を頂きにお伺いしてきました!
    総勢4名でお邪魔した為、奥の個室をご用意下さいました。
    まず入ると、涼しそう!

    なナフキンのセッティングがなされています。

    初めに出されたのは、酸梅湯(スワンメイタン)中国で夏に飲まれるそうです。

    薫製にした梅に、山査子(サンザシ)など、漢方のものが含まれていて、
    食欲増進と消化を助けます。薫製の香ばしさと、何とも言えない旨味。

    前菜も涼しげで美しいです。

    今回は、個室でテーブルが赤い為、白いお皿で出して下さいましたが
    店内テーブルでは、ガラスの食器で頂けるそうです。
    およその方のブログで拝見しましたが、美しい!嬉しいです!!
    http://jinjuice.blog46.fc2.com/blog-entry-389.html

    グリットガラスのキラキラとお料理の美しさが相乗効果です


    エビチリと下に冬瓜。アワビにトリュフペーストなど、ひとくちづつ、
    美味しいものを頂ける喜びです。

    勿論、美味しい物の沢山沢山!出てくる中、美味しいシャンパンと
    楽しいお話しに夢中になり、笑い、飲み、食べ、
    途中の暴力的に美味しい金華ハムのスープを撮り忘れたりながらも・・・

    黒酢で味付けされた香ばしいスペアリブです。
    本当にお肉が柔らかく香りはとっても香ばしい!

    波形のお皿は四方がちょっと持ち上がった涼しげな形です。

    春雨の冷製は満腹でもさっぱりとつるつる、
    ゴールドのトレイとアシンメトリーなボウルのマッチも涼しげです。


    グリットの小皿はこんなところにも


    最後まで美味しく、美しく、楽しく、頂くことができました。
    今回はガラス食器を中心にご提案させて頂きましたが、
    やはりプティ・ムッシューの時もそうでしたが、
    食器はお料理が載ってこそ、本当にイキイキと輝き、生きてきます。
    それを拝見できたこともあり、特別な時間を過ごさせて頂きました!!

    帰りは祇園クーゲルさんへお伺いし、
    美味しいシャンパーニュを1杯頂いて帰りました。
    素敵な2軒のお店で過ごす、素敵な夜でした。



    | petit monsieur | 19:03 | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    RECOMMEND
    Laduree
    Laduree (JUGEMレビュー »)
    Serge Gliezes,Mathieu Garcon
    マカロンで有名なパリのケーキ屋さんLadureeのオリジナル本。
    見ているだけで幸せになるような甘いスイーツが満載です。Petit monsieuのレストルームはこの世界をイメージして作られています♪
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE