0
    中華好き
    先週から、また歯列矯正のワイヤーを締め直したので、再びイタイイタイ週に。
    これから数年、この状態が続くと思うとしょんぼり…
    とはいえ、歯医者さんの前には、しっかり神戸へ中華を食べに行ってきました。

    まずはオリエンタルホテルのバーでアペリティフにシャンパーニュを一杯。
    テラス席に座っても涼しい季節になってきました!


    大丸で地下食品だけとっとと流して、ピエール・エルメのオレンジのクッキー(サブレ・オランジュ)だけ買えれば満足です。
    次は車での移動中、御影ダニエルの神戸店でカヌレだけちょっと買って…
    (京都伊勢丹からなくなったのがショックです…)
    って、結局食べ物ばっかり買ってます!(◎_◎;)

    なんて寄り道しながら、晩ご飯へ。
    新愛園さんは、神戸で一番お気に入りの中華料理屋さんです。

    鎮痛剤で肌荒れを気にする私はほぼひとりで食べました!フカヒレのお刺身。
    コラーゲン!
    なめらかでとってもつるんの喉越しサイコー!


    普段は香ばしいナッツが挟まって痛かったけど、やっぱり美味しいです。
    お刺身のサラダ仕立て。この日は鯛です。


    大好きなメニューなのに、残念ながらレタスは食べにくい…
    でも中身だけスプーンで食べちゃいました!
    フライド春雨の香ばしさとちょっと甘みのある味付けが大好きなレタス包み。


    さすがに骨付は食べられないので、酢豚です。
    甘味が苦手な方はお好みじゃないと思うけど、私はこのお店の甘味が大好きなのです。


    最後はカラスミチャーハンで!
    スープは一時期、鳥スープになってそちらはそちらであっさり目で美味しかったけど、金華ハムのうっとりするスープに戻ってました。
    私はこっちの方が断然好きです。
    チャーハンにかけて、雑炊風に頂きます。くーぅ!(◎_◎)


    デザートはココナッツプリンのマンゴソースを!これは別腹。


    帰りは、せっかく神戸まで来てるので、ホテル ラ・スイートに寄り道しました。
    テラスで海風に吹かれながらのデザートシャンパーニュを(^ー^)ノ


    グラスでJACQUES SELOSSEがありました!ラッキー!
    冷え冷えで美味しかったです。
    やはりテラスは冷え冷えが宜しい。
    綺麗なポートタワーをパチリ?


    勿論、私は飲酒運転をする事もなく、トロトロ居眠りしながらの贅沢帰路でした…

    中華もシャンパーニュも美味しかったです!
    京都もいいけど、やっぱり神戸はいいなぁ!


    | おでかけ | 14:10 | - | - | - | ↑TOP
    0
      火祭り その1
      今年の火祭り第1弾は15日に花背へ。
      クーラーボックスに冷え冷えシャンパーニュ(さすがにハーフです)

      と、そこで、向かう途中で大きな花火が!


      思わず車を停車させるも、割と大きい花火が上がってるのに、誰も居ない....
      ちょっと怖...(⌒-⌒; )
      誰も居ないところで貸切で見る贅沢花火でした。予想外の出来事にとっても得したキモチ。
      帰宅して調べたら、これは山国まつりという京北町のお祭りでした。
      花火を楽しんで出発後、ちゃんと人がいっぱいの会場が有りました。人っ子一人居ないところで花火が上がって、ちょっとびっくりしたよー。

      花背に到着したら、点火まで暫くシャンパーニュでお楽しみ。
      運転担当の家族はお弁当でお楽しみ。
      そろそろ点火が始まります。
      沢山の松明に火が灯され、とても綺麗です。


      その中央にはちょうど、玉入れのゴールみたいな形に組んだ大きな松明があり、そこへ火を付けた縄をぶんぶん振り回して投入します。上手く入ると、ゴール部分に火がつき、
      大きな松明が燃え盛るという仕組みです。


      段々と火が大きくなり、街灯のない真っ暗な河原、星空に昇る龍のようでとても幻想的です。
      秋の豊作を祈って。夏の終わりを感じるお祭りです。


      帰り道は、なんとバンビを2回も発見!
      写真を撮りに戻ったけど、勿論逃げられました。
      一頭は必死でガードレールの下に入ってゆくお尻が家の猫のマヌケな後ろ姿に見えて可愛かった(⌒-⌒; )
      ゴメンゴメン。脅かしちゃって。
      何もしないし、慌てないで....

      16日、二つ目はお馴染みの大文字送り火へ。
      鳥居を見に、広沢の池へ向かう途中で、左大文字が綺麗に見えます。停車はダメだから、恒例の車窓から。

      広沢の池では、精霊流しと一緒に鳥居を見ることができます。
      この精霊流しが美しくてお気に入りです。
      でも年々人が多くなる気がする....


      鳥居も見れました!
      また来年ね。と、ご先祖さまと父にご挨拶。
      夜風も随分と涼しくなってきました。
      まだまだ日中は暑いけれど、確実に秋は近づいて来ているんですね。






      | おでかけ | 21:15 | - | - | - | ↑TOP
      0
        お初釜に行って参ります
        旅行記の途中ですが、今日は嵐山吉兆さんでお初釜です!
        慣れない場所&訪問着に緊張してます・・・・。
        でもたまにはこういう緊張感がないと!♪( ´θ`)ノ

        準備やお仕事で勝手にバタバタしてしまい、ブログにアップしていない特別なディナー!なんて大きな前振りだけしちゃってますが、今しばらくお待ちくださいませ。

        緊張感のある凛とした一日を有意義に過ごしてきたいと思います。

        着物姿にウロウロする猫も一緒にフレームイン!



        | おでかけ | 11:04 | - | - | - | ↑TOP
        0
          旅行記の合間に−その5 真夏の夜のお楽しみ
          先日、「京、静華」さんにもご一緒させて頂いたお洒落で素敵なご夫妻と
          今回は待望のブライトンホテル「ヴィ・ザ・ヴィ」さんへお伺いしました。

          シャンパンはMaurice Vesselle Brut Rose (モーリス ヴェッセル ブリュット ロゼ)  先日、とある方からプレゼントして戴いてから、
          思わずロゼ!党になるかも!と思うほど美味しかったシャンパンです。
          華やかな香りとしっかりした辛みで食欲をそそります。

          スタートは一口づつ、美しい装いで出てきました♪

          くぅー。可愛い!
          フロマージュブランに白トリュフを乗せたものや瓜のジュレに生ハムが乗ったものなどなど!ほんの小さな一口がドラマティックにスタートします。

          万願寺唐辛子の冷たいスープ

          グリーンのスープに赤い唐辛子のソルベが。
          お野菜の濃い甘味がとっても美味しいです。

          シェフのスペシャリテのたまご

          戴いたのは2回目ですが、酸味・甘味・辛みのバランスが絶妙で
          思い出してもごっくん。となってしまいます。

          夏野菜のフォンダン〜モナコの思い出・・・となっていました。

          お皿の上が絵画です。そしてお野菜のそれぞれがしっかり美味しい。
          下に敷いてある生ハムの塩気とハムの上のトマトジュレがシャンパンを呼びます。
          ご一緒したご夫妻のご主人が、このデザインを「ヴァチカンの門番の帽子だ!」と独自の発想を披露。いつもながらキュート&独創的で素敵。

          鮎のクリームにミントの香りが爽やかでエアリーなソース

          中にはキュウリとスイカの細かく刻んだものが入ってます。
          クリーミーな鮎の香り。ミントとキュウリの爽やかさ。スイカの甘味。
          複雑かつ楽しい食感のお皿です。色も美しいー。

          ちいさなカップに濃厚な香りのコンソメスープが

          これ、いつまでも嗅いでいたい程の良い香りでした。
          この匂いの香水付けたいですよねー、なんてお馬鹿な事を言いながら。

          お魚は甘鯛でお茶のソースです

          上にかけてあるカラスミが程よいスパイスとなってお魚がとっても甘く感じられます。

          お肉は低温で柔らかく柔らかく仕上げた子羊さん
          ばくばく!食べてから写真は!と気が付きました・・・
          カルダモンの香りがとっても素敵でした。

          スパイスの香りの白桃のデセール

          白桃とスパイスって合う!口の中で香りがふわん。ちょっぴりしゃりしゃりしたヨーグルトのアイスがさっぱり。あとくちをシャンパンで流す至福です。

          シガール仕立てのショコラ

          ピスタチオとショコラのカップルは大好き♪
          この為に残しておいたシャンパンで楽しみます。

          お腹いっぱいななのにワゴンのデセール群に目を奪われ、
          チーズケーキとガトーショコラとキャラメルプリンををちょっぴりづつ。
          さすがにプティフールはもうお腹いっぱい。

          でもこれは絶対お召し上がり下さい!と卵の中にショコラクリームが

          あーー(>_<)やっぱり美味しいーー。やられたー。という感じ。

          更に塩バターキャラメルは戴いちゃいました。やはりキャラメルラバーとしては到底外せない・・・・

          面白く楽しいご夫妻との会話も弾み、美しくて美味しいお料理で
          ときめいて美味しくて楽しくて、真夏の夜は夢のように終了です。
          | おでかけ | 04:23 | - | - | - | ↑TOP
          0
            旅行記の合間に−その4 夏の日帰り旅
            快晴の日、徳島県へドライブに行ってきました。
            京都を出発し、淡路島経由で鳴門へ。折しも日曜日だったので1000円。
            この距離で1000円って確かに凄いです。混むけど・・・

            まずはお昼ご飯を。目に付いたコンビニでるるぶ徳島を買いつつ、
            店員さんにお勧めを聞いた近所のおうどん屋さん、「丸亀」
            あんかけ皿うどんが有名のようですが、暑さに負けて
            醤油うどんとちくわの天ぷら、唐揚げをオーダー。
            おうどんはやはり讃岐うどんのコシたっぷりでつやつやで美味しいです。
            でも全ての量が多くてびっくりしました(>_<)

            海辺の道はお天気のドライブには最高です。
            海水浴はしませんが、夏の海はキラキラして楽しいです。
            途中で、ばいこう堂の和三盆のお菓子を買ったり、
            露店の鳴門金時を買ったり、
            幸水梨を買ったり、
            メロンを買ったり、
            ・・・・・・食べ物買ってばっかりですが・・・

            かねてより行ってみたかった景色の良いホテルリッジのカフェへ行きました。
            テラス席からの鳴門海峡の眺めは本当に綺麗。
            鳴門大橋も見えて、橋好きの私には最高のビューポイントです。


            美味しいビールと良いお天気。
            今年ほど、テラス席に座った夏は生まれて初めてかも。


            遠くは高砂市、和歌山県まで見渡せる、澄んだ景色でした。
            夏にこんなに澄んだ景色は珍しいそうです。
            風が涼しくて、本当に心地よかったです。

            晩ご飯までの時間に更に徳島でお買い物です。
            半田そうめんを買ったり、
            鳴門の日の出海苔を買ったり、
            讃岐名物のお饅頭かまどを買ったり、
            宗家くつわ堂の瓦せんべいを買ったり
            ・・・また食べ物買ってばっかりです・・・

            晩ご飯は 「海女料理 ししくい」 
            徳島港のすぐ近くで、生きたまま焼く、残酷焼きが有名なのです。

            お造りは伊勢海老、アワビ、しまあじの活造りです。
            伊勢海老まだ動いてます。


            生牡蠣も注文しました!
            今年は本当に夏の生牡蠣当たり年です。何度も頂きました♪


            ひー。動いてる。でも美味しそう!!
            (>_<)な、アワビの残酷焼き

            でもアワビ美味しかった〜。
            お店オリジナルのすだちぽん酢で頂きます。
            酸味がまろやかで爽やかな美味しさです。
            磯の香りととっても相性○!

            さすがに私もドン引きの伊勢海老。
            触角をブンブンするので、写真がブレてますし・・・

            この角度。最早エイリアンルックス。
            でもこの子はとってもしまった身に甘味があって美味でした。

            ついつい飲み過ぎ注意!な、すだち酒。

            さっぱりした甘さのリキュールです。とっても美味しかった!

            隣のテーブルのご家族は、お子さんが残酷焼きに本気でドン引きでした。
            私も子供だったら、伊勢海老の怖さに泣きそうです・・・
            が、やはり、パフォーマンスもさることながら、新鮮で美味しい。
            新鮮ではありますが、残酷ではあるので、ちゃんと手を合わせて、頂きます。ありがとうございます。とお礼を言ってから頂きました。
            各テーブルに担当の方が付いて、焼いてくれます。
            とっても満足です。美味しかったー。
            もうちょっとお腹に余裕があれば、箱ウニを乗せたご飯も食べたかったな。

            ずっといいお天気だったのに、帰りの淡路サービスエリアで雨が!
            明石海峡大橋から、雨でキラキラ輝く夜景を堪能しつつ。
            1日中、お天気が保ってくれて良かった!
            美味しい休日でした♪
            | おでかけ | 22:11 | - | - | - | ↑TOP
            0
              旅行記の合間に−その2
              先月、帰国した翌週に、飛行機でお隣同士だったマダムからお誘い頂き
              大人になって初めての宝塚公演を見に行って来ました!
              かなり幼少の頃に、母に連れられて何度か宝塚を見に行った記憶はあったのですが、演目も感想も覚えていない状態で、まさに人生初体験。といった感じ。
              フランスで購入されたという可愛らしい色合いに身を包まれたマダムと
              早めに待ち合わせ、ランチをご一緒してから劇場へ。

              沢山の人でごった返す劇場、沢山の人の熱気や高揚感でドキドキします。
              お席に到着してびっくり。真ん中ほどの前から2列目!!
              こんな前の席で何かを見ること自体が初体験でした。


              演目は「ロミオとジュリエット」よく知っている物語なので、
              見やすいし、いかがかしら?と誘って頂いたのです。


              舞台が始まり、どんどん引き込まれてゆく自分にびっくりしました。
              まさかこんなに夢中になって見てしまうとは思いもよらず・・・・
              物語の結末もストーリーも知っているのに、ドキドキ。
              しかも、舞台に立つ俳優陣は皆、美しい身体をしています。
              なんだろう?キチンとした身体?とても丁寧に気を付けていらっしゃる感じ?美しいなー。と素直に感動できました。
              舞台の匂いまで感じられるほどの臨場感でした。近い(>_<)

              不覚にも、結末が分かっていながらも涙ぐんでしまいました。
              美しいものを見れて本当に感動。
              誘って頂いて、本当に良かったです。新しい感動にマダムに感謝です。
              そして、そのマダムと知り合えたフランスにも感謝。

              とっても素敵でした♪
              | おでかけ | 01:00 | - | - | - | ↑TOP
              0
                旅行記の合間に−その1
                帰国後すぐ、まだ実は時差ボケしていたのですが、
                プティ・ムッシューのお客様でもあり、いつも気にかけて下さるS様に、
                祇園「たに本」さんへ連れて行って頂きました。
                爽やかに気持ちの良い姿のご主人と、
                少しづつ色々なものの出てくる美しいお料理。
                普段からめっちゃ和食党!でもない私ですが、
                久々の深いお出汁のお味に、心の底から癒されるお料理でした。
                1つ1つのお野菜が、滋味溢れ、身体の隅々まで行きわたるような感じ。
                フランスのお野菜は味も濃く、本当に美味しいし大好きなのですが、
                日本のこの、奥ゆかしさ、優しい癒し。はまた独特の文化だな。と感じました。
                美味しい和食を頂く、この瞬間。
                帰国後すぐのちょうどこのタイミングで、ちょっぴり文化に触れた思いです。

                美味しいご飯のあとは、石部小路のバー「Tinto」さんへ。
                美しく、貫禄のマダムと上品なマダム。お二人のマダムを前にクラクラ。
                お話し上手なS様と、とても楽しい時間を過ごさせて頂きました。
                今回フランスでお会いしたご夫婦のマダムもご高齢ながら本当に素敵で、
                勿論、街中で見かける、日本で言うところの、おばさまやおばあちゃまの
                お歳の女性が美しく、格好良くて、「あんな大人になりたい!」と
                思ったものですが、勿論いらっしゃいました!京都にも!
                まだまだまだまだ未熟な私ですが、なんとか経験を積み、
                あんなマダムに成長したいものです。

                旅行記を書いている最中の出来事。オワリ。
                | おでかけ | 23:42 | - | - | - | ↑TOP
                0
                  新地 馬春楼さんでヘルシーお肉
                  大阪へ仕事の打ち合わせへ。
                  帰りに新地の馬春楼(ばしゅんろう)へ。
                  牛肉はカロリーが高いけど、馬なら大丈夫!?等と言い訳しつつ、
                  夕方早めの晩ご飯に馬刺しを頂きに伺いました。

                  色々な部位のお肉の盛り合わせ

                  それぞれに味も甘味も違い、とっても美味しかったです。
                  特にレバーが、臭みがなく、とってもなめらかです。

                  桜肉のすき焼きはそれこそ10数年前に、長野で頂いて以来・・・

                  たれもさっぱりと、しゃぶしゃぶとすき焼きの間といった感じです。
                  お肉が固くなってしまうので、ささっと火を通して、
                  卵にくぐらせて頂きます。
                  美味しくて身体に良い物を食べてる満足感。

                  お酒もほどほどに、美味しく頂きました♪


                  お腹がいっぱいでご飯やおうどんは入らなかったので、
                  帰りにちょうど近所のお寿司「のぐち」さんで、太巻きをお土産に作って頂き
                  持ち帰りました。大きな卵焼きの入った超太い巻き寿司です。
                  やはり巻き寿司も絶品!でした。ご飯のつぶまで美味しいお寿司。幸せ。
                  さらにせっかく新地まで来たのだから・・・と
                  帝塚山ポワールでミニシュークリームをお土産に。
                  美味しいものの充実した良き日です。
                  | おでかけ | 00:24 | - | - | - | ↑TOP
                  0
                    美味しいシャンパーニュ・ナイト
                    久しぶりの友人とお酒を頂きに。
                    美味しいシャンパンと美味しい肴をちょっぴりづつ。の気分の時にぴったりな
                    コート・デ・ブランさんは、シックな内装とインテリジェンスな魅力のご主人が素敵です。

                    グラスシャンパンが常時4種類くらい有るので、
                    自分好みの1杯を探すことも楽しみつつ、ついついとグラスが進みます。
                    この日はガティノワのロゼが一番美味しかったです。
                    肴もみょうがの香りの効いた美味しいアジのタタキや、
                    ふかふかのホタテの焼売、とびきり美味しい赤身のステーキを少しづつ・・・・
                    そしてこの日、最も印象的だったのが、最後の1杯!


                    Ronc di Vico(ロンク・ディ・ヴィーコ)スイートなデザートワインです。
                    最後の〆にあまーいデザートワインは大好きなのですが、
                    よく頂く干しぶどうの香りの強いものよりも、
                    このワイン、「身体からこのワインの香りがしたい」と思わせる香り。
                    紅茶のアールグレイのようなベルガモットの香り・・?
                    と、気になって調べたところ、アプリコットやオレンジの芳香。
                    とありました。私は元々柑橘系の香りが好きなので、はまったかも。

                    少し酔った頭を夜風で冷やしつつ、散歩がてら歩いて祇園へ。
                    SferaBar サトナカ さんへ。楽しいお話しと美味しいモエ・シャンドンを。
                    大人っぽい内装がとってもゴージャスなバーです。
                    シャンパンクーラーが凄く格好いい。

                    少しづつ、美味しい物だけを頂き、楽しい会話を楽しみ、
                    本当に贅沢な夜を過ごしました。
                    | おでかけ | 05:09 | - | - | - | ↑TOP
                    0
                      割烹 しい原さんでほっとする晩ご飯
                      ほっとする晩ご飯第2弾(勝手に企画?)は
                      割烹 しい原さんへ。
                      清潔な店内と、若々しいご主人しい原さんと、にぎやかで可愛いお母様のお二人で切り盛りされている割烹です。
                      お昼もお出汁の美味しいおうどんやお蕎麦、
                      定食が食べられるので、時々伺います。
                      夜は美味しい割烹です。写真を取り忘れたハモの煮こごり、お出汁が濃ゆく効いてて美味しかった〜ポッ

                      この日は貴重なお魚を頂きました。琵琶鱒という、琵琶湖の鱒だそうです。
                      まずは美しい薄造りで。お塩とレモンも良し、山葵醤油とも相性良し。
                      さっぱりしているのに、美味しい脂の香りがします。


                      鱧おとしは欠かせません!これはかなり少なめでお願いしました。


                      間にお野菜の小鉢もはさみつつ、やはりお出汁がとってもほっとするお味です。
                      しょっぱくないのに、きちんと濃い。

                      琵琶鱒のムニエルは、パリの★付きレストラン風に皮面はカリカリに香ばしく
                      反面は生で。レアな感じと香ばしさが重なって美味しいです!


                      ムニエルの第2弾は、両面火を通して、焦がしバターの風味でちょっと濃いめ。
                      これもバターの香りと鱒の風味がとっても合います。


                      貴重な素材なので、少しづつ色々な食べ方で出して下さいました。
                      きりりとした二枚目のご主人は、とっても楽しそうに色んなチャレンジをしてくれます。お皿も綺麗〜!

                      最後の〆はスペシャリテのしい原まんじゅうで。
                      豆・ゴマ・海草・野菜・椎茸・魚が入った、お芋のまんじゅうです。
                      かかっているあんかけもやはりお出汁が効いています。
                      じゃがいもがとっても丁寧に漉してあり、なめらかでこっくり。


                      最後にお腹の温まる、ほっとする一皿です。
                      お母さんの楽しいお話も、いつも心を温めてくれます。
                      美味しかったです!ご馳走様でした♪
                      | おでかけ | 08:44 | - | - | - | ↑TOP
                      CALENDAR
                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << December 2017 >>
                      RECOMMEND
                      Laduree
                      Laduree (JUGEMレビュー »)
                      Serge Gliezes,Mathieu Garcon
                      マカロンで有名なパリのケーキ屋さんLadureeのオリジナル本。
                      見ているだけで幸せになるような甘いスイーツが満載です。Petit monsieuのレストルームはこの世界をイメージして作られています♪
                      SELECTED ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      RECENT COMMENT
                      モバイル
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE